突発性難聴の特徴・原因・治療について

にじいろ補聴器 夏の補聴器乾燥器キャンペーン
突発性難聴の特徴・原因・治療について
千葉 星雄

【監修】千葉 星雄

にじいろ補聴器 店長
言語聴覚士・認定補聴器技能者

突発(とっぱつ)性難聴は、その名のとおり、目覚めたら聞こえにくくなっていたといったことが、突然起こる病気です。

比較的よく聞かれる病気で、身近な人がなったことがあるという人もいるかもしれません。

また、芸能人が体調を崩してニュースになることもあるため、気になったことがある人もいるのではないでしょうか。この記事では、突発性難聴について紹介していきます。

突発性難聴の症状の特徴

突発性難聴では、ある日突然片側の聴力の低下が起こります。聴力低下の程度には個人差があり、全く聞こえなくなる人もいれば、耳がつまったような違和感を感じる人もいます。

高い音が著しく聞こえにくくなる人もいれば、低音から高音まで幅広く障害されている人もいます。

また、合併する症状として、ぐるぐると目がまわるような回転性のめまいや、耳鳴りがある人もいます。体力が衰えはじめ、何かと忙しい40代〜60代に多いとされていますが、幼児から高齢者までが発症する可能性がある病気です。

突発性難聴の原因

耳の奥の内耳には、音を電気信号に変えて脳に伝える蝸牛(かぎゅう)や、からだのバランス感覚に関わっている前庭器官などがあります。蝸牛には音を感じ取る細胞(有毛細胞)が並んでいます。

突発性難聴では、何らかの原因で細胞がダメージを受けてしまうことで、聴力低下が起こります。原因ははっきりしていませんが、ウイルスの関与と、内耳の循環障害の関与の2つの仮説がよく取り上げられます。また、他にも、さまざまな病態があるといわれます。

内耳の循環障害説(仮説)

有毛細胞に血液を送っているのは非常に細い血管です。何らかの原因で血流が悪くなることで、有毛細胞に十分な血液が送られず、内耳の機能低下が起こり、音の情報がうまく伝わらなくなるのではないかという説です。

ウイルス感染説(仮説)

突発性難聴は、風邪をひいた後に発症することが多いため、何らかのウイルスが関与しているのではないかという説があります。また、突発性難聴は一度感染すると、基本的には同じ側の耳では再発をしません。

この理由として、一度感染することで特定のウイルスに対する免疫がつくられるためではないかというのです。また、ウイルスが原因で難聴を引き起こす疾患(おたふく風邪やはしか)があることも、ウイルスが関わっていると考えられている理由です。

その他の原因(仮説)

突発性難聴の人は、発症時に過度のストレスや疲労を感じていることもあるため、ストレスが関与している可能性も考えられています。また、糖尿病が影響しているという説もあります。

突発性難聴の治療は

原因がはっきりしていない突発性難聴の治療は、どのように進められているのでしょうか。

治療について

耳鼻咽喉科を受診をすると、問診や聴力検査のほか必要に応じてMRIなどを行うことがあります。突発性難聴と他の疾患との鑑別を行うためです。

突発性難聴の治療は薬物療法が中心で、現在の治療では、炎症をおさえるステロイド薬やビタミン剤、血流をよくする薬などが用いられています。

自宅で薬を飲みながら外来で通院するケースもありますが、重症度によっては入院して点滴を用いた治療を行うこともあります。突発性難聴においては、ストレスや疲労の原因から離れて、ゆっくりと休養することも大切なことです。

治療期間と費用

治療は一般的には2週間~1か月程度続きます。また、集中した治療が終わったあとも必要に応じて定期的に経過観察を行っていくことになります。

突発性難聴の治療は、医療保険の適用になりますから、通院での治療であれば1~2万円程度で収まることもある一方で、入院をすると部屋代や食費なども含め、10万円を超えることがあります。費用面については、高額医療費制度の適用になることもありますから、医療機関の窓口で相談しましょう。また、任意で医療保険に入っているときは、給付対象になっていないかを確認しましょう。

治療すれば完治する?

突発性難聴は治療開始の遅れや、発症時に著しく聴力が低下している場合など、治療の効果が思うように得られず、後遺症が残存してしまうことがあります。

突発性難聴の後遺症としては、難聴のほかに、めまいや耳鳴りが残ることもあります。また、病前には気にしなかった音が気になってしまうなど、音への過敏さが生じることもあります。

再発の可能性は

突発性難聴は基本的には片側ずつ発症し、一度発症した側で再発するということはありません。ただし、もう片側で起こることはありえます。また、もし耳鳴りやめまい、耳のつまり感、聴力の低下がくり返される場合には、他の疾患の可能性も否定できません。中には、前回もあったからと放置してしまう人もいるようですが、早めに医師に相談してみましょう。

突発性難聴で補聴器の装用

突発性難聴は、もとのレベルまで聴力の回復がむずかしいということもあります。

突発性難聴による難聴は、感音性難聴という種類にあたります。これは、耳の奥で、音が神経や脳に伝わる部分が障害されておこる難聴です。残念ながら、補聴器が得意な難聴ではないため、補聴器を装用しても、劇的には聞こえるようにならないこともあります。

しかし、現在の補聴器は個人の聴力に合わせての細かな調整が可能となってきました。補聴器を使用することになったら、補聴器のメンテナンスを丁寧に行っていくことで、生活のしやすさにつながる可能性があります。

補聴器の購入について

補聴器の使用は、症状が安定してから検討されます。補聴器は、急激に聴力が低下してから2ヶ月以内は販売ができません(耳鼻咽喉科医の診察が必須)。なぜなら、病気によって低下した聴力が、回復する可能性がある期間だからです。

まずは耳鼻科での治療をしっかりと受け、医師の助言のもとで補聴器の使用を検討することになります。

まとめ

突発性難聴は、突然起こる難聴です。もし症状が気になったら、早めに受診をしましょう。また、突発性難聴のように急に聴力が低下したときは、補聴器をすぐにつくることはできません。まずは医師のもとで治療を受け、休養をしっかりとることが大切です。

(本記事は、言語聴覚士が作成・監修しています。)

この記事を監修した人

千葉 星雄

にじいろ補聴器 店長
言語聴覚士・認定補聴器技能者

千葉 星雄(ちば としお)

北海道出身・北海道大学 工学部 卒業
茅ヶ崎リハビリテーション専門学校 言語聴覚学科 卒業
言語聴覚士免許取得後、補聴器専門店と補聴器メーカーでの勤務を経てにじいろ補聴器を開業。