イヤモールドについて

にじいろ補聴器 夏の補聴器乾燥器キャンペーン
補聴器とイヤモールド
千葉 星雄

【監修】千葉 星雄

にじいろ補聴器 店長
言語聴覚士・認定補聴器技能者

耳かけ型の補聴器には通常、既成のシリコン製の耳栓が付属されています。この既成の耳栓を使って補聴器を装用してももちろん良いのですが、「抜けてくる感じがする」「ピーピーとハウリング音が鳴りやすい」といった悩みをお持ちの方には、オーダーメイド耳栓であるイヤモールドの使用をおすすめします。

ここでは、イヤモールドがどのようなものなのか、形状や素材の違いなどについて説明していきます。

より快適な補聴器ライフのためにも、イヤモールドの作成をぜひご検討ください。

自分だけのオーダーメイドの耳栓「イヤモールド」のメリット

色々なイヤモールド

イヤモールドは、お客さまの耳型を取り、オーダーメイドで作成する耳栓で、耳かけ型の補聴器に取り付けて使用します。

既成の耳栓と比べると、耳の形に合わせて作成するため、安定感が大幅に向上します。今まで、長時間装用していると、耳栓が抜けてきて困っていた方や、落下・紛失が心配だった方にはおすすめです。

また、ぴったり耳にフィットすることで、音漏れも大幅に軽減できます。これにより、補聴器から出力される音を効率よく鼓膜まで届けて聞こえを向上させるだけではなく、ピーピーという不快なハウリング音を防止する役割も果たします。

すでに耳かけ型補聴器をお持ちの方でも、既成耳栓からイヤモールドに変えることで、より快適に補聴器を使えるようになるかもしれません。

イヤモールドの種類

イヤモールドは形状素材を数種類から選択することが可能です。

ここではその一例を紹介します。

形状

CIC

小さく目立たない形状です。軽中度難聴の方におすすめです。

カナル

一般的なサイズで、幅広い聴力に対応可能です。

セミカナル

カナルよりも少し大きく、安定感が向上します。

フルシェル

耳介内を埋める最も大きい形状で、重度難聴の方におすすめです。

素材

ハード

最も一般的な硬い樹脂製です。耐久性が高く、店頭での加工も可能です。

ソフト

少し柔らかい樹脂製です。ハードでは違和感の強い方やお子さんにおすすめです。
ハードと比べると耐久性は低いです。

シリコン

グミのように柔らかい素材でしっかり耳にフィットします。
耐久性は上記2つと比べると低いです。

小型耳かけ型RICタイプ用も

RIC用イヤモールド

一般的に、イヤモールドは、BTEと呼ばれる標準耳かけ型で汎用的に使われるものですが、RICと呼ばれるタイプの耳かけ型補聴器でも各メーカーごとにイヤモールドを作成することができます。

レシーバー(スピーカー)部分に作成したイヤモールドをはめ込んで使う場合や、レシーバー自体を埋め込んで作成する場合もあります。

RICタイプの場合、メーカーによってイヤモールドの種類や作成方法が異なりますのでご注意ください。

パイロット用など特殊イヤモールドもご相談下さい

パイロット用イヤモールド

「にじいろ補聴器」では補聴器用のイヤモールドだけでなく、パイロット用イヤモールドなどのご注文も受け付けております。

パイロット用イヤモールドにはPlantronics社等の航空用ヘッドセットのレシーバーを取り付けることが可能です。

従来のヘッドセットでは痛みや不快感がある方におすすめです。お気軽にお問い合わせください。

まとめ

カラーラメ

既成の耳栓では困った点がある方、耳かけ型でも自分だけのオーダーメイド感を楽しみたい方など、様々な方にイヤモールドはおすすめです。

イヤモールドの種類によってはカラーを付けたり、ラメを入れたりといった様々な加工ができる場合もあるので、お気軽にご相談ください。

「にじいろ補聴器」では、種類によって価格は異なりますが、片耳1万円からイヤモールドを作成することが可能です。

また、「にじいろ補聴器」では、言語聴覚士の資格を持った店長が耳型採取も担当いたします。

(本記事は、言語聴覚士が作成・監修しています。)

この記事を監修した人

千葉 星雄

にじいろ補聴器 店長
言語聴覚士・認定補聴器技能者

千葉 星雄(ちば としお)

北海道出身・北海道大学 工学部 卒業
茅ヶ崎リハビリテーション専門学校 言語聴覚学科 卒業
言語聴覚士免許取得後、補聴器専門店と補聴器メーカーでの勤務を経てにじいろ補聴器を開業。